ENTRY
約60,000社が利用するサービス『valuepress』チームの現場とは!
Recruit/ Interview - valuepress project

約60,000社が利用するサービス『 valuepress 』チームの現場とは!

国内最多約60,000社が利用するプレスリリース配信サービス『valuepress』の開発を担当するお二人にお話を伺いました!

  • アバター石島
  • アバター
  • アバターインタビュアー

開発しているサービスについて教えてください

アバター石島

『valuepress』といって、国内最多約60,000社が利用するプレスリリース配信サービスを開発しています。
SNSで応援してもらえる業界初のプレスリリース応援機能や記者の閲覧チェック、無料のリリース原稿作成など独自のPRサービスを提供しています。1万件を越すメディアリストがあり、全国紙からニッチメディアまであらゆるジャンルの媒体を網羅していて、11,000件以上の中から最大1000名の記者でプレスリリースを配信することが可能です。

簡単な自己紹介とそれぞれの役割を教えてください

アバター石島

はい、えーと、I(アイ)です!(笑顔)

アバターインタビュアー

え?どういうことですか?(きょとん)

アバター石島

あ、イニシャルでと思ったのですが。(きょとん)

アバターインタビュアー

いえ、ちゃんと名前出ますので!(キリッ)

アバター石島

あ、そうですか...。(しょぼん)
石島です。エンジニアです。エンジニアですが、ディレクターっぽいことも行っていて、兼任しています。主に要件定義やDB設計、issue 作成してわりふったり、サーバーまわりのインフラもやったりしています。

アバター

俵です。入社して半年ぐらいになります。Jrエンジニアです。
自分は石島さんが定義してくれた要件やissueを実際に実装していく感じです。

エンジニアインタビュー

どういったルーティーンで開発されているのでしょうか?

アバター石島

週に1回ミーテイングをしているので、そこで次はこういうのをやろうかなと思っていることをクライアントから聞いて、そっからどんどんつめていっていく感じですね。
じゃあこういうふうにやりましょうとか、あれが使えますね、とか。
機能的にでかいものが追加になった時は1ヵ月などスパンを決めて進めます。
進捗報告とか、デザインが今じゃあどうなっているとか、コーディング今どうなっているとかをさきほどの週1のミーティングで確認したりしてスケジュール調整したりしています。

他に、それ以外にも機能追加やバグ修正があるのでそういうのは同時進行で進めていっていってるって感じですね。
僕は今あまりコードは書いていないので、まあスケジュール管理が主かな。

アバター

自分はさっき言ったように石島さんにふられたissueを対応していきます。

チームプロジェクトならではの良いところはなんですか?

アバター石島

んー。
新機能を公開した時は盛り上がりますねー。じゃあ飲みに行きますか!って。笑

アバター

自分は知識がまだないので、石島さんとかすごい方に教えていただけるところですかね。

アバターインタビュアー

達成感や知識の共有ですね!

エンジニアインタビュー

チームプロジェクトで意識をして気をつけているところはありますか?

アバター石島

細かくかいて、送る。

アバターインタビュアー

issueとかですか?

アバター石島

issueも含めてやりとりにおいて、なんでそうなっているのかとか、というのは、細かくかくようにしていますね。

自分が例えばバグとか発生して、この時どうやってたんだろうって見返してすぐにわかるように細かく残すようにしているというのもあるし、他の人が見たときもわかるようにしておきたいというのがあります。
特にリモートの方もいるので、直接やりとりしなくても読めばわかるというぐらいまでは細かく書いておきたい、というのはありますね。

あとは... バランス?

アバターインタビュアー

なんのバランスですか?

アバター石島

スケジュールと納期と、じゃあどこまで細かくテスト書いておくとか、誰がどこをどこまでやって、じゃあこっちはどれをどこまでやってとか。関わる人の負担も考えながらバランスをみています。
誰かが忙しいと、代わりにissue作っておこうとか、仕事が止まらないように臨機応変にみています。
いかに早くできるか考えています。

アバターインタビュアー

おー。できる男!

アバター石島

... (笑顔)

アバター

自分は質問をする際に、相手の時間をとらないように具体的な内容になっているか気をつけるようにしています。あとはクライアントからの対応は最優先で、何かあればすぐに対応できる環境を常に心がけています。

アバターインタビュアー

もちろん石島さんにも確認をとりながらだとは思いますが、途中からクライアントから要望がきた場合に作業の優先順位を変えて対応していっているんですか?

アバター

そうですね。

アバターインタビュアー

俵さんは入社して半年くらい立ちますが、現在のご自身の成長ぶりはどうですか?

アバター

最初のころに比べると、Railsに関しては知識が増し、わかるようになってきました!

アバターインタビュアー

頼もしいですね!どうなんですか?石島先輩!

アバター石島

... (笑顔)

アバターインタビュアー

黙秘権ですね。もっと頑張れよ!という圧しか感じません!笑

アバター
引き続き、頑張ります!笑
エンジニアインタビュー

思い出に残っている出来事はありますか?

アバター石島

朝出社したらサーバー落ちてた...。
今はクラウドですが、当時はまだ物理サーバーで、しかもサーバールームの鍵がなくて入れないしどうしようってなった。笑
なんとかサーバールームに入れて、モニターに接続して ping 打って... 技術顧問の小寺さんとSlackで写真送ったりして、「じゃあ、このコマンド打ってみよう」ってやったりしながらサーバールーム走り回ってました。笑

テンション上がる時はどういった時ですか?

アバター石島

インシデントの時!笑
起こって欲しくないけど、最速で原因の仮説を立てて、追求して、どうやって解決するまでが燃えます。笑

アバターインタビュアー

はー。どMなんですかねー。

アバター石島

...(笑顔)

アバター

自分はまだ経験が浅いので、大きめの issue で何回も修正があったのちに LGTM 出た時は本当に嬉しいっす!

アバターインタビュアー

それはやっとの思いが伝わりますね!
お時間頂き、有り難うございましたー!:)

ENTRY

Interviews