a

SUBSCRIPTION DEVELOPMENT受託開発会社の選び方

HOW TO CHOOSE受託開発の際のポイントと受託開発会社の選び方

受託開発の際のポイントと受託開発会社の選び方

新規事業の立ち上げや、社内で生産性を上げるためにシステムやソフトウエアの開発などを行う場合、自社で開発するか、外部の開発会社にお願いするなど選択肢があるとおもいます。

その際、外部の開発会社に開発の依頼を行うことを受託開発といいます。

受託開発はシステムなどを開発したものを納品するという契約となります。

受託開発のメリットやデメリットなどを紹介し今後、開発を検討する場合のご参考にしてください。

受託開発の際の大事なこと

受託開発では、パートナー選びが非常に大事になります。

開発したいソフトウェア、システムなどを受託会社に伝え、その仕様やデザインなどをご提案してもらいます。

受託会社はそのお客様の意向をくみ取り、納品物をご提案をするわけですが、ここで受託会社にきっちりと納品してもらいたいものを伝えておくことが重要です。

受託会社への発注を行う際に気を付けたいことは、納品をした後に思っていたものとは違うということがある。ということです。

これは、納品してもらいたいものを明確に伝えきれていなかった(伝えたつもりだったが、、)などコミュニケーションの不備が原因で言った、言っていない、仕様にない、などのトラブルが生まれます。

発注側はITや開発のことが詳しくない担当者の方がいることも良くあります。

専門用語やシステムの細かな話しやプログラムのことを理解していないまま、「こういうものを作りたい」という発注がある場合、受託会社と発注側の担当者の間では細かく綿密なコミュニケーションを経て最終の納品物のイメージをお互いに合わせていくことが必要になります。

この部分でボタンをかけ間違えてしまうと最後の最後に「納品物のイメージが違う」というトラブルが起こってしまいます。

受託開発選びのポイント

受託開発選びのポイント

受託開発の会社を選ぶ際のポイントは、この納品物にどこまで寄り添って考え、この開発プロジェクトを成功させたいという発注側の熱量を汲み取ってくれる受託開発の会社を選定することです。

発注側の与件に対して深く考え、仕様を検討してくれるような受託開発の会社はなかなかありません。

またそのような受託開発の会社を、どのように見抜けばよいのかというと、まずは相談してみることで与件の内容に対して壁打ちのところからしっかり話しを聞いてくれるか?などが重要になります。

まずは、何社か受託開発で迷った場合はいろいろとお話しを聞いてみるのが良いと思います。

その中で、どこの会社が一番寄り添ってくれそうか、というところで選んでみるのが良いとおもいます。

GOOD POINTSこんな受託開発企業が良い

こんな受託開発企業が良い

開発工数を抑えることができる

仕様書の作成は重要ではありますが、新規の事業開発などでスピード感をもって開発を進めたい場合はそういった資料作りの部分うまく省いたり、プロジェクトの進行方法をいわゆる「アジャイルな開発」(作って試して改良していく)という方針にするなどで、よりスピード感をもってプロジェクト進行を行える会社を選ぶことも重要です。

開発コストを抑える工夫を提案してくれる

上記の開発工数とも関連しますが、開発工数を抑えることができれば開発コストを抑えることにもつながってきます。

より最短ルートでゴールを目指せるような提案を行ってくれる受託開発を選ぶことは重要で、具体的なコストに関しては概算でもお見積りを何社かにいただくことで、その受託開発会社がどのような方針で開発を進めるのかを確認することもできます。

さまざまなリスクを予め想定してくれる

このような開発プロジェクトでは想定外のトラブルも良く起こります。ネットワークの問題や、セキュリティの問題など。予め考えられるリスクを想定した提案をしてくれる会社は、すでに開発実績が多く経験値が高いことからさまざまなリスクを想定できています。

TO EMPATHIZE弊社は寄り添い型の受託開発です!

ここまで受託開発におけるポイントをまとめました。

受託開発においてはやはりコミュニケーションが大事ということもお分かりになったかと思います。

もちろん一般的には技術面も重要になってきますが、すくなくとも受託開発を売りにしている企業間では技術で大きく差がでてしまうことはそんなになく、結果的に担当者レベルでのコミュニケーションの部分が重要になります。

とくに、開発プロジェクトでは発注側がこう作ってほしい、という部分に対してそのままを作るだけの受託開発では後でトラブルが起こりやすいです。

目的は何か?どうなることでゴールなのか、というビジネス的な文脈などもきちんと理解をして開発を進めてくれる受託開発の会社が信頼されます。その際には、なぜこうしたいのか?などの率直な質問や議論が行われるべきでそのようなプロジェクトが結果的に成功しています。

弊社では、新規事業の受託開発などをさまざまなお客様のプロジェクトを請け負っていますが、上記のように寄り添った受託開発を行うという姿勢でお客様に向き合っています。

もし話しを聞いて欲しい、という要望などありましたらご連絡お待ちしております。

新規事業立ち上げプラン用意しています!

新規事業立ち上げプラン用意しています!

新規事業がまったく初めてで、まずはなにから始めていくべきかなど、取り組みを始めたい。と考えている方にもおすすめです。新規事業の開発では、特にスタート時点が重要になり本質的な部分を議論して形をつくっていくことが重要になります。どこまで考えても正解がない分、大きくピボットをせざるを得ないという状況を予めリスクとして考えておくことも重要です。

そこでのコンセプト設計であったり、予めもしかするとこういう方向へのピボットも検討する必要がある、などをスタート時点でどこまで考えておくことができるかで、プロジェクトが大きく破綻してしまうなどのリスクを減らしたスタート相談・対応も可能です。

まずはそのコンセプト部分のみを設計するようなプランもありますので、ご相談ください。

PICKUP
CONTENTS